Chizu Solo Theater Official Blog

ずっとお城で暮らしてる

Chizu Solo Theater News !

遅ればせながら、先日のノグチルーム舞踏公演などの詳細、忘備録として。

f:id:chizusolotheater:20170525131334j:image

UNFIXチーム、

ニューヨークの誉子さん

f:id:chizusolotheater:20170525131346j:image

 Dance Medium主宰、

正朔さんと長岡ゆりさん

 

『UNFIX JAPAN フェスティバル連携プロジェクト』  

 土方巽 最後の言葉 extra version

 

●パフォーマンス

タイトル:越境ー舞踏の未来へ

出演

長岡ゆり 正朔 点滅 ホンダリョウ 蜘津   金亀伊織

Paul Michael Henry(Glasgow)  誉子(New York) Bob Lyness (Washington) 
会場:ノグチルーム(慶應義塾大学 三田)
   JR山手線・京浜東北線田町駅、都営浅草線・三田駅
日時:2017年6月12日(月)19:00~
入場無料・事前申し込み不要
主催・制作:Dance Medium
共催:慶應義塾大学アート・センター 土方巽アーカイヴ
問い合わせ:medium0108@aol.com(長岡)
      03-5427-1621 慶應義塾大学アート・センター

長岡ゆり
東京生まれ。Dance Medium主宰。バレエ、モダンダンスなどを経て舞踏の世界へ参入し、国内外で公演、ワークショップを行っている。2011年公演の「帰ル-Coming Home」にて第43回舞踊批評家協会賞受賞。

正朔
1984土方巽に師事。故郡司正勝氏により正朔と命名。1996年まで白桃坊に在籍。2004年Dance Mediumに参加、主宰の長岡ゆりと共に演出、ワークショップを行う。第43回舞踊批評家協会賞を受賞。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関連イベント

ミニライブ
舞踏:長岡ゆり 正朔
演奏:David Jones
主催:カフェ・ドゥ・モンク
協力:慶應義塾大学アート・センター
   NPO法人ブラーマ・クマリス
   Dance Medium
日時:2017年6月11日(日)15:30~
会場:龍生院
   東京都港区三田2-12-5 (慶應義塾大学東門近く)
問い合わせ:0120-241-108(龍生院)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンポジウム 「パフォーミングアーツの未来へ」ーUNFIX JAPAN フェスティバル連携企画

会場:桃園区民活動センター2F和室
日時:2017年6月13日(火)19:00~
パネリスト:Paul Michael Henry 誉子
趣旨:
UNFIX JAPAN フェスティバルは2015年7月にポール・マイケル・ヘンリーによってスコットランドで開催されたのが始まりです。その後、同年12月にも同地で再開催されました。NYを拠点に活動するYokko(誉子)はポールの考えに刺激を受け、自身の団体、連翹奏を通し、2016年4月からNYでの開催を実現し、その後 UNFIX NYCを例年行事として定着させよとしている最中です。 UNFIX NYCにおける根本的な概念は舞踏やパフォーミングアーツを通し、エコロジーへの意識を創造することにあります。「生きる」ことへの探求、そして今後私たちがどのような社会作りをしていくかを共に考える機会です。ー誉子

 パフォーミングアーツに関わる私達舞踏家にとっても社会との関わりは重要です。舞踏は「命」の問題を扱っており、自然と体との関わりと同時に、この社会の中で人々と「生きる」ことをも同時に考えなくてはなりません。そして私は作品を作るときにも常にそのことを考えていました。誉子さんとポールから、是非日本でUNFIXフェスティバルをやって欲しいと頼まれた時、やってみようと思ったのは、たまにはいつもと違うアスペクトから舞踏について考えたり皆で話し合うことも時には必要ではないかと思ったからです。是非この機会にご一緒に気楽に話をしましょう。スコットランドで活動するポールさんや、ニューヨークで活動する誉子さんの現地状況も聞くことができると思います。ー長岡ゆり

-------

UNFIX JAPAN -a festival of Performance & Ecology
——————

A collaboration between Unfix Festival, Dance Medium and the Hijikata Tatsumi Archive (Keio University)

This event is the first Japanese edition of UNFIX, a festival begun in Scotland and the United States that looks at Ecological crisis and renewal addressed through our bodies and physical sense of living.

UNFIX conceives individual human lives as a microcosm of the whole, and puts it to you: climate change and ecological transformation are happening inside your body, RIGHT NOW.

You can find out more about UNFIX in the following video: https://www.youtube.com/watch?v=Xlr4_A7Sqwc

Butoh Dance is an excellent method for realising the ecological nature of our being directly in the body, and we’re excited to collaborate with Dance Medium and the Hijikata Archive to explore the similarities, differences and future possibilities of Butoh in both East and West in helping humans meet the challenges of Ecological Crisis and runaway capitalism in the 21st Century.
———————

PROGRAMME

SUNDAY JUNE 11th 2017, 15:30
Live Performance
Butoh Dance: Yuri Nagaoka, Seisaku
Music: David Jones

Hosted by Cafe Du Monk
Co-hosted by Keio University Art Center
Brahma Kumaris (NPO)
Dance Medium

Venue: RyuSei In
2-12-5, Mita, Minato-ku, Tokyo
(Near East Gate of Keio University)

Contact: 0120-241-108 (RyuSeiIn)

-----

MONDAY JUNE 12th 2017, 19:00
Tatsumi Hijikata: The Last Word

Performance with free admission (no need for reservation)

BORDER TRANSGRESSION-
Towards The Future Of Butoh Dance

Featuring: Yuri Nagaoka, Seisaku, Tenmetsu, Ryo Honda, Chizu, Yokko (New York), Paul Michael Henry (Glasgow), Bob Lyness (Washington)

Produced by Dance Medium
Co-produced by Kioh Gijyuku University Art Center, Hijikata Tatsumi archive

Venue: Noguchi room (KEIO University, Mita campus) Minami Kan 5-14, Mita, Minato, Tokyo

Contact: medium0108@aol.com(Yuri Nagaoka)
03-5427-1621 (KEIO University Art Center)
-----

TUESDAY JUNE 13th 2017, 19:00
Symposium: Towards a future for performing Arts

Panellists: Paul Michael Henry, Seisaku, Yuri Nagaoka
Moderator: Yokko

Context: UNFIX Festival was started by Paul Michael Henry in Glasgow, Scotland in July 2015. It’s seen three sold-out editions in Scotland since then. Yokko, a NYC based performing artist, was inspired by Paul to organize UNFIX NYC in 2016 through her organization Ren Gyo Soh. She is trying to make this an annual festival in NYC, and recently produced a highly successful 2nd edition (April 2017). From Yokko: "The concept of UNFIX NYC is creating an awareness of ecology through Butoh and Performing Arts. This is an opportunity that we can explore what is "living" and how we can create our society for not only us but future generations.”

UNFIX JAPAN: this event is the first time UNFIX and its ideas have been brought to Japan, the home of Butoh which was a major inspiration behind the formation of the festival (both Paul and Yokko are trained Butoh Dancers). We’re honoured and excited that Yuri Nagaoka and colleagues are willing to collaborate with us.