Chizu Solo Theater Official Blog

ずっとお城で暮らしてる

踊り mement

f:id:chizusolotheater:20170802134413j:image

2017.7.31

狩俣道夫  楽道庵 WS

大好きなフルート奏者、狩俣さんのWS!

前回から2カ月ぶりくらいだったかな?

 

毎回、狩俣さんセレクトの昭和歌謡曲と

狩俣さんの即興演奏とのデュオ。

今回は、『歪んだ夏』をテーマにセレクトされた曲の数々に、

場所とポーズをひとつ決めて、

即興を始め、

最後はまたその場所とポーズに戻ると言ったものでした。

自身、七針の公演が終わり、

Chizu Solo Theater の課題のひとつとも言えるお題がとてもタイムリーだったので、

狩俣さんから模索の種をもらえた

WSでした。

因みに私は自分で決めた場所とポーズに

何回やっても、

即興で自分が飛び込み、

入り込んだ世界の先に、

不自然とも言える決められた場所と身体(ポーズ)に『戻る』ことそのものを、

三回の中で三回とも全く忘れてしまい『戻れず』、、自分に唖然!!😱💦

しかし、自分が即興でそうなってしまうことを自覚することが、

出来たのでとても面白い体験でした。

 

即興と決め事をどう結びつける? 

繋げる?

相反するもの、

抱え持ち 探して行きたい。

 

狩俣さんの口琴とボイスとフルートの

デュオは今までになく、

少しだけ狩俣さんと繋がりが確信的にあり、これはちょっと進歩かな。💪😘

 

今回のセレクト曲

真夏の出来事    平山みき

恋のバカンス    ザ・ピーナッツ

呪い                  山崎ハコ

赤い橋              浅川マキ

八月の濡れた砂   石川セリ

f:id:chizusolotheater:20170802134137j:image

八月の濡れた砂

石川セリ

作詞:吉岡治
作曲:むつひろし


あたしの海を まっ赤に染めて
夕日が 血潮を 流しているの
あの夏の光と影は
どこへ行ってしまったの
悲しみさえも 焼きつくされた
あたしの夏は 明日もつづく

打ち上げられた ヨットのように
いつかは愛も くちるものなのね
あの夏の光と影は
どこへ行ってしまったの
想い出さえも 残しはしない
あたしの夏は 明日もつづく

あの夏の光と影は
どこへ行ってしまったの
想い出さえも 残しはしない
あたしの夏は 明日もつづく

 f:id:chizusolotheater:20170802134433j:image

マキ大好き!😍💕💕

赤い橋

浅川マキ

作詞:北山修
作曲:山木 幸三郎


不思議な橋が この町にある
渡った人は 帰らない
昔、 むかしから 橋は変わらない
水は流れない いつの日も
不思議な橋が この町にある
渡った人は 帰らない

いろんな人が この町を出る
渡った人は 帰らない
赤く赤く 塗った
橋のたもとには
赤い赤い花が 咲いている
不思議な橋が この町にある
渡った人は 帰らない

不思議な橋が この町にある
渡った人は 帰らない
みんな何処かへ行った
橋を渡ってから
いつかきっと 私も渡るのさ
いろんな人が この橋を渡る
渡った人は 帰らない