Chizu Solo Theater Official Blog

ずっとお城で暮らしてる

踊り mement 大岩巖 楽道庵WS

f:id:chizusolotheater:20170906004208j:image

2017.9.4   楽道庵にて

 

舞踏家の大岩さんWSはこれで二回目。

今回は亡くなったひとのもの、異性のもの、着たかったもの、など衣装に持って来て下さい、、とのことだった。

 

それぞれに持って来たものを衣装としてはおり、

(因みに私は子供用の襦袢、

柄が素敵だったので何年も以前、着物アンティーク店で購入したもの。舞踏で私は洋服しか着たことがなかったし、和服はいかにも、、になってしまうからこんな時でないと着れないな、、と選びました。)

 

大岩さんが用意してくれた蝋燭が各々に一本づつ灯され、

参加者が順番に一人づつ前に出て

灯された蝋燭の灯と共に踊る、、を

2周してやりました。

 

自分の蝋燭の灯りを

じっと見つめると浮かび上がる

記憶や感覚

f:id:chizusolotheater:20170906094842j:image

灯火に導かれ

何処かへ

連れていかれる。

f:id:chizusolotheater:20170906095617j:image

 f:id:chizusolotheater:20170906095304j:image

灯火に

話しかけられたり

揺らされたり

手を繋いだり

泣いたり

笑ったり

怒ったり

f:id:chizusolotheater:20170906095634j:image

私の可愛い小さな灯火 

f:id:chizusolotheater:20170906102645j:imagef:id:chizusolotheater:20170906102634j:imagef:id:chizusolotheater:20170906102653j:image

頭に飾ってとても素敵な生命の冠になり

、大岩さんのワークの時間は、

灯火は神聖で心の静寂と安らぎを運んで

来てくれました。

 

主宰のあやさんに、

『ちづさん、ハマりすぎ!可笑しくて!おかっぱで襦袢、楽道庵の壁、、で、

もう犬神家の一族とか鈴木清順としか見えないよー!』と。

 

 横溝正史鈴木清順は大好きだから、

もちろん、私のおかっぱはそれだし、

ハマりすぎ!笑える!と言われてもニヤニヤで嬉かった。

 

山口小夜子も憧れの人で、

彼女の写真集の中に、

浴衣をしどけなく着て歩いている写真があるんだけど、

それを見て、

こんな風に和物の空気がだせたらどんなにいいだろうー!と思ったけれど、

彼女のスラリとした長身に纏われた浴衣姿、、丸まっこい私には手が届かない。

ま、丸まっこいには丸まっこいの良さがあるさ〜。

でも、おかっぱやめられない!笑🤣👍