Chizu Solo Theater Official Blog

ずっとお城で暮らしてる

Meiko Kaji and guitar and I 梶芽衣子とギターと私

f:id:chizusolotheater:20181023190245j:image
亞弥さん主催の月曜・楽道庵、
狩俣道夫WS! 

f:id:chizusolotheater:20181023190305j:image

お題は梶芽衣子! 

f:id:chizusolotheater:20181023190315j:image
♪恨み節
♪修羅の花 etc...

初めて楽器(ギター)持って
人前で何かやった、、💦💦
楽しかった〜😆💕

内藤さん、
大切なギターを貸していただきありがとうございました!🙇🙇🙇

 

今日の私はこんな人、、だった。

あなたは?

 

Photo by Akira Naito

f:id:chizusolotheater:20181023190408j:image
f:id:chizusolotheater:20181023190411j:image
f:id:chizusolotheater:20181023190400j:image
f:id:chizusolotheater:20181023190420j:image
f:id:chizusolotheater:20181023190417j:image
f:id:chizusolotheater:20181023190405j:image
✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
狩俣さんの梶芽衣子・選曲で一番私が好きになった唄。

作詞:秋月ともみ
作曲:渡辺岳夫
歌:梶芽衣子

『わらの上』

粉雪ちらつく
夜のこと
私を産んで母さん死んだ

この世に未練を残して残して冷えた冷えた

父(ととさ)の名前も
知れぬまま
私はひとりでわらの上

父(ととさ)の名前も
知れぬまま
私はひとりでわらの上

胸に残った
温もりが
女の因果を残して消えた

おさげの私を見ないで見ないでいったいった

瞼の面影追えぬまま
私はひっそりわらの上

日陰に育った
悲しみが
親子二代につづいて生きた

情無し世間に独りで独りで
拗ねた拗ねた

女の血潮に
濡れたまま
私はだまってわらの上

女の血潮に
濡れたまま
私はだまってわらの上

 

『怨み節』

歌:梶芽衣子
作詞:伊藤俊也
作曲:菊池俊輔
花よ綺麗と おだてられ
咲いてみせれば すぐ散らされる
馬鹿な バカな 馬鹿な女の 怨み節

運命哀しと あきらめて
泣きをみせれば また泣かされる
女 おんな 女なみだの 怨み節

憎い口惜しい 許せない
消すに消えない 忘れられない
尽きぬ つきぬ 尽きぬ女の 怨み節

夢よ未練と 嗤(わら)われて
覚めてみせます まだ覚めきれぬ
女 おんな 女ごころの 怨み節

真赤なバラにゃ トゲがある
刺したかないが 刺さずにゃおかぬ
燃える もえる 燃える女の 怨み節

死んで花実が 咲くじゃなし
怨み一筋 生きて行く
女 おんな 女いのちの 怨み節

 

修羅雪姫・主題歌「修羅の花」

 梶芽衣子
作詞:小池一雄、作曲:平尾昌晃

死んでいた朝に とむらいの雪が降る
はぐれ犬の遠吠え 下駄の音きしむ
いんがなおもさ みつめて歩く
闇を抱きしめる 蛇の目の傘一つ
いのちの道を行く女 涙はとうに捨てました

ふりむいた川に 遠ざかる旅の灯が
凍てた鶴は動かず 哭(な)いた雨と風
冷えた水面に ほつれ髪映し
涙さえ見せない 蛇の目の傘一つ
怨みの道を行く女 心はとうに捨てました

義理も情も 涙も夢も
昨日も明日も縁のない言葉
怨みの川に身をゆだね 女はとうに捨てました