Chizu Solo Theater Official Blog

ずっとお城で暮らしてる

Memory 記憶

f:id:chizusolotheater:20200916162933j:image

楽道庵にて、舞踏家大鹿之助さんのワーク。

初めて人前に立って踊った時の記憶を

握りしめて踊ってみる、、テーマ。

私の踊りの最初の記憶は、

保育園でのお遊戯会。

皆んなで一列に並んで『手品使いのクーニャンさん』を扇を持って踊った記憶。

クーニャンさんは三つ編みの少女だったので、ショートカットばかりだった私は、先生が作ってくれたつけ毛の三つ編みを短い髪に付けられることが、

嬉しくて嬉しくて仕方なく、

忘れがたい記憶として私の中に保存されている。

 

その記憶を頼りに踊ってみた。

 

珍しく、大鹿之助さんが音を持参。

なんと、『森田童子』だった。

私の寝室の枕元には森田さんの写真を置いている。

 

今日の私はこんな人、、だった。

あなたは?

 

今日のギャラリー

f:id:chizusolotheater:20200916163803j:image
f:id:chizusolotheater:20200916163812j:image
f:id:chizusolotheater:20200916163751j:image
f:id:chizusolotheater:20200916163759j:image
f:id:chizusolotheater:20200916163747j:image
f:id:chizusolotheater:20200916163754j:image
f:id:chizusolotheater:20200916163808j:image